八潮見城跡へ上遠野小学校遠足

4月20日(木)は大変良い天気に恵まれ、絶好の遠足日和です。いわき市立上遠野小学校の新入学生歓迎も含めた全校生徒の遠足が、八潮見探検隊の協力のもと実施されました。
小学校1年生はリュックの方が大きいのではと思うほどまだ体は小さいですが、高学年の班長さんに引率され、元気に出発しました。それぞれの6年生から1年生までの縦割り班で一列になって歩くさまは微笑ましく、班長副班長さんのしっかりした引率も頼もしく見えました。八潮見探検隊も頑張って、子供たちの安全を守るために同行しました。そんな様子をご覧ください。

校庭に全員集合し、遠足に向けての挨拶と注意事項のお話がありました。
八潮見探検隊の皆さんと上遠野小学校の全校生徒。
班長さんを先頭に全16班が出発しました。途中道路を横断したり歩いたりで、八潮見探検隊も安全に目配りです。

傾斜のきついところで新入学生はチョッと足踏み、そんな時でも八潮見探検隊はお手伝い。
新入学生は小っちゃい体で頑張って登りました。八潮見探検隊が架けたそろばん橋を渡ろう!!
道々昨晩の大雨で柔らかくなっているところなどを注意したり、武者走りや道が分かれている理由などを子供たちに教えたりと忙しかったようです。

お昼前に、一人も脱落することもなく元気に登り切り、お弁当の前に追いかけっこや探検で楽しい時間を過ごしました。
本丸跡の広場でお弁当を食べよう!!
お待ちかねのお弁当もみんなでいっしょに食べておいしく楽しみました。八潮見探検隊の人たちにお菓子をプレゼントする様子も、とても微笑ましい限りでした。

展望台では班ごとに記念写真を撮りました。
展望台から見た上遠野小学校。
上遠野小学校も展望台から見ると違って見えますね。

八潮見城跡を探検した後は、全員けがもなく無事に帰ってこれました。新入学生には、歓迎の手作りメダルを渡されていたようです。楽しい上遠野小学校の遠足に同伴させていただき、純粋な子供たちの笑顔で、こちらもニッコリでした。

八潮見城跡探検の八幡神社から登って降りるショートコースの動画も作ってみましたので、ご覧いただき、実際に登って探検してみて頂ければと思います。
八潮見城跡探検の動画はこちら⇒八潮見城跡探検(八幡神社ショートコース)

探検にあたっては、ゴミは持ち帰る・植物に傷をつけない・植物を持ち帰らないなど、常識的なマナーは守りましょう!! またすれ違う人がいたら、是非、挨拶をして下さい。豊かな心で八潮見城跡探検をお楽しみください。

八潮見探検隊のホームページはこちら⇒八潮見探検隊のホームページ

往生山の様子。

いわき市遠野オートキャンプ場から最寄りの往生山の様子をお伝えします。
ここ最近、桜で往生山がいっぱいになることはないようですが、山の所々の桜がきれいに咲いているようです。周りの山では新緑に色が変わりつつありますが、往生山も少し遅れて春の衣となりそうです。

往生山の様子。(2018年4月13日)
往生山の麓の桜はピークを過ぎています。
往生山登山も、良い季節になってきました。

往生山の山頂付近の桜も咲いているようです。
桜が終われば、新緑になり、より登山も楽しめそうですね。

往生山の登山が難しいようであれば、滝富士登山も可能です。もう少し、手軽にということであれば、八潮見城跡の登山(ハイキング)も良いかもしれません。滝富士や八潮見城跡の動画も作ろうかなと思っています。いわき市遠野オートキャンプ場にご宿泊の際には、往生山、滝富士、八潮見城跡などの登山を楽しんでみてはいかがでしょうか?

【おまけ】
数日前にキャンプ場の空がきれいに晴れました。夜はかなり寒くなったのですが、頑張って星空を撮ってみましたので、よろしければご覧ください。
Youtube動画が無料で視聴できます。真ん中の再生ボタンをクリックして下さい。

春先は急に気温が低くなることもあります。何年か前には雹が降り、大変寒い夜になった時もありました。また天気が良すぎて大変暑い日になったこともあります。GW中も天候の変化に対応できるよう準備万端にして、キャンプをお楽しみください。

テントにまだ慣れていなくても、あるいは数日間の滞在に宿泊棟が便利です。寝具はありませんがエアコンが完備されています。多少の暑さ寒さも安心してご宿泊できます。もちろんテラスでBBQも楽しめます。4月下旬のGW前半の宿泊棟はまだ空きがありますので、是非ご利用ください。(ご利用にあたっては要事前予約となります。空き状況についてはお問い合せ下さい。)

 

マナーを守って、自然を学んで遊ぶ。
いわき市遠野オートキャンプ場で素敵な思い出作りを!

 

竹細工(四つ目カゴ)体験終わりました。

4月7日(土)、いわき市遠野オートキャンプ場にて竹細工(四つ目カゴ)体験を行い、終了いたしました。
今回参加の人数は少なかったものの、講師の説明やアドバイスをいただきながら、四つ目カゴを綺麗に編むことができたようです。材料は講師の方が準備、まずは編み方を集中して覚えて頂きました。よくわからないところは都度、聞きながら進めることができていたようです。

まずは、材料の並べ方を説明、足と手をうまく使うことがコツかもしれませんね。
講師の説明と実演
熱心に説明を聞いて頂きました。その後はいよいよカゴを編んでいきます。

底面から立ち上げが結構難しいのですが、上手に編めていました。
だんだん四つ目カゴになってきました。もう少しで完成です。
最後の仕上げまで、きっちり作業し自分が作った自分の四つ目カゴができたと思います。今回の編み方を応用していろいろ楽しんで頂ければと思います。貴重な里山体験ができたのではないでしょうか?
モノを作ることは楽しいものですね。またいろいろなものを頑張って作ってみて下さい。

【おまけ】
いわき市遠野オートキャンプ場より、車で20分前後の所にある、滝富士近辺と龍神峡の春の様子をお知らせいたします。
春景色~滝富士近くの里山の風景~いわき市遠野町
龍神峡の春~いわき市遠野町~

滝富士や八潮見城跡など、今後ご紹介したいと思っていますのでお楽しみに。

 

マナーを守って、自然を学んで遊ぶ。
いわき市遠野オートキャンプ場で素敵な思い出作りを!

 

「いわき大交流フェスタ2017」に出展してきました。

2017年度の「いわき大交流フェスタ2017」は10月28日(土)、午前10時00分~午後3時00分の間で、21世紀の森公園特設会場にて行われました。
今回、いわき市遠野オートキャンプ場でも出展することができました。
(昨年度は事情があって出展できませんでした。)

出展内容としては遠野の和紙をPRする活動の一環として、和紙の行灯作成体験を行いました。他のイベントとの重複もあり、スタッフは1名という厳しい状況でしたが、予定していた30人分の行灯を終了時間近くまでに終わらせることができました。体験を楽しんでいただいた来場者の方々には、貴重な意見や感想をいただき大変ありがとうございました。また、今回のイベントに関係したスタッフの方々へ、企画・準備・運営等大変ありがとうございました、そしてお疲れ様でした。

「いわき大交流フェスタ2017」に出展してきました。
出展ブースはこんな感じのレイアウトでした。白熱灯を光源としたサンプルの行灯(ランプシェード)は割と好評で、販売はしないの?雰囲気が素敵など好評を頂きました。和紙ならではの味わいある、そして素朴な形の行灯ですが、心が和みます。いわき市遠野オートキャンプ場管理棟に飾ってあるので、ご見学お待ちしております。

楮の裸木を再利用した行灯の骨組みを作ります。楮にミニ電動ドライバで穴を空けます。
左側の写真はサンプルで組み上げた行灯の骨組みの完成品です。右側写真は、穴を空ける位置を確認しながら、ミニ電ドラを使用して楮の裸木に穴をあけて頂いている様子です。

竹ひごを利用し、楮の裸木を組み立てます。和紙を貼って行灯の感性です。
穴を空けたら、予め同じ長さに切っておいた竹ひごを差し込み行灯の骨組みを組み立てていきます。この時竹ひごを固定するためにボンドは使いません。和紙を貼って行灯の骨組みを固定します。和紙を貼り終えたら中にLED照明を置いて完成です。今回体験の行灯ですが、光源はLED照明(100均で売っているもの)を使用しています。

12月23日(土)は東京国際フォーラムにて、ふくしま大交流フェスタ参加予定となっています。紙漉きと今回作成して頂いた行灯作り体験を予定しております。東京への出張体験となりますが、頑張りたいと思います。

和紙行灯作り体験で和紙のお話をさせて頂いたり、歴史的なことも少しお話させていただきながら体験をしていただきました。また、第13回スターウォッチングのご案内もさせていただきましたので、是非、スターウォッチングのイベントに参加して頂いたり、キャンプをしながらきれいに澄んだ空に輝く星を楽しんでいただければと思います。

11月18日(土)、ランプシェード作り午前10時00分~、第13回スターウォッチング午後5時30分受付開始・オリエンテーション開始は6時00分~となっています。まだまだ予約を受け付けていますので、お早目にお申込み下さい。

 

マナーを守って、自然を学んで遊ぶ。
いわき市遠野オートキャンプ場で素敵な思い出作りを!

 

いきいき健康塾・課外授業

「常磐・遠野いきいき健康塾 課外授業」がいわき市遠野オートキャンプ場にて実施されました。
応援サポーターやスタッフ、当キャンプ場職員と講師の方によって、塾生の方に3つの体験をしていただきました。竹のカゴ作り体験と竹の風車(かざぐるま)、和紙漉き体験をそれぞれの体験に分かれて体験していただきました。

応援サポーターの代表の方から挨拶があり、遠野社協の会長より挨拶、そして講師のご紹介をしていただきました。

竹かご作りの風景。
竹の風車(かざぐるま)作りの風景。
和紙漉き体験の風景。

体験が終わった後は、お楽しみの昼食で、当キャンプ場で手配した夏の特別メニューで豚汁と、地元ウメノヤさんのおにぎり弁当を食べて頂きました。豚汁はスタッフの方々で仕込んでいただきましたが、途中ガスが切れてしまい大変すみませんでした。
体験中もお食事の際にも、皆さんニコニコ、笑顔で素敵な方たちで何よりでした。応援サポーター・スタッフの方も暑い中大変ご苦労様でした。

それぞれ1時間程度の体験でしたが、楽しんでいただけたようでした。今後高齢化が進む中、元気でいることは大事なことです。いきいきするために健康を理解することと楽しむことを忘れずに、塾生の方々には頑張っていただきたいと思っております。いわき市遠野オートキャンプ場でも人生を豊かにしていただくお手伝いができたら幸いです。これからも塾生の方々を応援していきたいと思いますので、いっぱい楽しんでください。