台風の状況

OLYMPUS DIGITAL CAMERA10月12日(土)午後11時ごろ ログケビン(宿泊棟前)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 10月13日(日)午前9時ごろ ログケビン(宿泊棟)付近

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

10月13日(日)午前9時ごろ キャンプサイト降り口

台風の影響により近くの河川は増水し宿泊棟、キャンプサイト付近まで迫りました。

12日ご利用のお客様はおりませんでしたが、かなり危険な状況でした。

遠野町全体でも、被害がでたようです。(通行止め箇所もあり)

遠野町に限らず、おでかけする際は十分お気を付け下さい。

お知らせ

先週の連休はキャンプ日和で、たくさんの客様がご来場くださいました。

ありがとうございました。

さて、キャンプ場からのお知らせです。

オートキャンプサイトの広場にございます、せせらぎ水路ですが、4月の大雨により壊れてしまいました。その為、水が流せなくなっています。復旧のめどは今のところたっておりません。

お客様にはご迷惑をおかけ致します。

直り次第、こちらでお知らせ致します。

写真は昨年の魚のつかみ取りの写真です。今年ご予約くださいましたお客様には、大変ご迷惑をお掛け致しました。申し訳ございません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

「FUKU FES 2017」に出展してきました。

2017年2月23日(日)、11:00~17:00、東京国際フォーラムにて「FUKU FES 2017」~ふくしま大交流フェスタ~ が開催されました。
いわき市遠野オートキャンプ場では、昨年同様、体験ブースで出展させていただきました。
福島県いわき市の遠野町に伝わる伝統工芸の遠野和紙のPRのため、いわき市遠野町で採れる楮100%を使用した和紙漉きを体験して頂きました。また和紙を使った産品の一例として、ミニ行灯作りを体験して頂きました。

オープニングセレモニーを中心としとした動画をご覧ください。
(Youtube動画が無料で視聴できます。真ん中の再生ボタンをクリックして下さい。)

 

前日搬入の様子です。嵐の前の静かさのようです。人はほとんどいません。
前日搬入の出展ブースの様子。
前日の16:00から搬入設置ができました。前日搬入できると足りないものがあった場合、何とかできる可能性があるので安心できますね。

オープニングセレモニーから戻る最中も、既に入場されたお客様の波に翻弄されてしまいました。イベント終了まで人の流れは絶えず、昨年よりも多くのお客様がご来場されたのではと思います。
オープニングセレモニー直後の様子。
出展ブースに戻り、1分と経たずミニ行灯の体験が始まりました。この直後、和紙漉き体験もひっきりなしに列ができ、大変好評でした。

和紙漉き体験の様子。ミニ行灯作り体験の様子。
和紙漉きでは、いわき市遠野産楮100%の紙料を使い、溜漉きで、モミジの押し葉を漉きこんでいただきました。小さいお子様からおじいちゃんおばあちゃんまで、幅広い年齢の方に体験していただき、漉いた和紙をお持ち帰りいただきました。乾燥まではできなかったので、未乾燥の和紙を窓ガラス等に貼ってしっかり乾燥させてご使用ください。
ミニ行灯は、時間はかかるもののミニ電動ドライバを使って、楮の裸木に穴を空け、竹ひごを使って骨組みを作り、和紙を貼って完成です。光源は小さいLEDライトを使用、火事にならないので安心してお使いください。場内は明るいので、お持ち帰りいただいた後、部屋を暗くして灯していただけると、和紙の風合いが出て楽しんでいただけると思います。

他にも、ステージショーやトークショー、ご当地グルメやご当地商品など、福島のいろいろなものに触れていただけたと思います。東日本大震災からここまで頑張ってきました。これからも、正直に真直ぐ頑張っていきたいと思いますので、応援よろしくお願いいたします。いわき市内・福島県内の観光を楽しんでいただければと思います。

ご来場・ご体験いただいたお客様には、大変ありがとうございました。また、福島工業高等専門学校の生徒さんの応援もあり、体験をスムーズに進めることができました。手配や準備、今回イベントに参画された皆様、応援して頂いた生徒さん達へ、大変ありがとうございました。

 

平成29年4月1日より、宿泊棟の利用内容が変更になります。

平成29年4月1日より、宿泊棟利用に際し、利用内容が変更になります。変更内容は下記の通りです。

1.全棟寝具なしとなります。
宿泊棟のうち、ログハウス・ログトレーラー(キャンピングトレーラー)には寝具がついており、宿泊料に含まれていましたが、全棟寝具なしとなります。衛生面を考慮したことと、チェックアウトが遅れてしまい日帰り利用のお客様の待ち時間を軽減するために、寝具なしとさせていただきますので、ご理解のほどお願いいたします。寝具が必要な場合は、毛布または寝袋(シュラフ)等をお持込いただくか、寝袋のレンタルをご利用下さい。なお、全棟にエアコンがついております。

2.日帰りでも追加人数の料金がかかります。
宿泊時の場合のみ、定員をオーバーする際には追加料金をいただいておりましたが、日帰り利用でも追加料金がかかるようになります。現在、定員4人に対し追加2人で最大6名までご利用できる宿泊棟と定員8人に対して最大12人までご利用できる宿泊棟がありますが、日帰りの場合、最大利用人数が明らかに多いご利用が見受けられました。日帰り利用の際には追加料金が発生しないことで人数制限もなくなってしまうため、中にはマナーを守れない利用等見受けられたため、今回の対応となりますので、何卒ご理解くださいますようお願いいたします。
追加料金に関しては、電話またはメールにてお問い合わせください。

以上の2点が、宿泊棟ご利用に関しての変更点となりますが、快適にマナーを守ってお過ごしいただくために、ご理解とご協力をお願いいたします。なお、この告知は平成28年12月1日に行い、平成29年4月1日より実施させていただく内容となります。

「2016年度体験カレンダー」できました。

お待たせいたしました、2016年度版の体験カレンダーができましたのでご案内いたします。
今年度よりの体験もありますので、よろしくお願いいたします。

2016年度体験カレンダー ご案内(表紙)(PDF)を開く
2016年度体験カレンダー 一覧(裏)(PDF)を開く

今年も「体験して遊ぶ、学ぶ!!」をテーマに様々な体験イベントを企画いたしました。また、お子様向けに毎回大好評の魚のつかみ取りも回数を増やして、できるだけ多くの方に命が命をつなぐことを体験して学んでいただければと思います。4月からのイベントもありますので、早めにお申込み下さい。新年度の受付は3月20日からとなっています。

今回新たに追加された体験イベントは以下のものがあります。
・竹細工(四つ目かご)
・竹細工(手かご)
・うちわ作り
・麦わらで花瓶作り
・干し柿作り
・正月飾り作り(今年度より復活)

 

ススキの葉でバッタ作りを楽しもう!!

ススキの葉でバッタ作り」は、大人向け講座となります。昨年度実施の際には小さいお子様には少し難しかったようでした。実際には大人の方が、お月見に合わせ玄関先に飾ったり、お子様にみせて楽しむなど、ススキの葉を使ったリアルなバッタ作りをお楽しみ下さい。お孫さんにみせてびっくりさせちゃいましょう!!

また、昨年の内容を少し変更して実施するのは以下のものです。
・手打ちうどん
・手打ちそば
手打ちうどん・手打ちそばに関して、当日使用する道具は、当キャンプ場で準備いたしますが、自宅でもお楽しみ頂けるよう道具の販売も行います。(道具をご購入される場合は、体験申込み時に、お申し付けください。価格は今のところ1,000程度を予定しております。詳細はお申込み時にご確認ください。)
・こんにゃく作り
こんにゃく作りでは、生玉から作るのではなく粉からのこんにゃく作りとなります。また、じっくり確かなものを作っていただきたいと思い、時間を延長して行います。所要時間にご注意ください。

 

楮で作る和紙のランプシェード遠野の楮で作るランプシェード、灯りをともして。

遠野の和紙漉き体験と合体したイベントとして、「ランプシェード作り」があります。遠野で採れる楮を原料に紙漉きをしていただき、自分で漉いた紙を使用してランプシェードを作成していただきます。また、今年度からの初めて体験の「うちわ作り」では、大小2枚のうちわを遠野の楮で漉いていただきます。自分だけのオリジナルうちわ作りにチャレンジしてください。

以上、体験カレンダーの申込み開始日をご確認いただき、どしどしお申込み下さい。
また、年間の体験カレンダー以外に、スポットでのイベントがあります。例えばスターウォッチングなど2~3か月毎に開催しており、ホームページにてご案内いたしますのでお見逃しなく!