田人観光いちご園さんのご紹介。

いわき市遠野オートキャンプ場から30分程度で行ける田人観光いちご(田人いちごテラス)さんがあります。先日、田人ほっこり際に遊びに行ったときに、立ち寄らさせていただきました。いちご狩りが来年1月から楽しめるそうです。アイスもとてもおいしかったです。期間は1月~6月頃までとのことです。詳しくはいわき市観光情報サイト等のご紹介ページをご覧ください。(下にリンクあります。)

田人いちごテラスさんの写真です。
田人いちごテラスさんの写真です。
ハウスの中はとても明るく自然の光が差し込んでおり、とても和やかな雰囲気でした。

この看板が道路から見えます。
田人観光いちご(田人いちごテラス)さんのご紹介ページはこちら(クチコミもご参考に。)
いわき市観桜情報サイト(田人観光いちご園)
ふくラボ!(田人観光いちご園)

腰をかがめなくてもいちご狩りが楽しめるとのことで、おいしいいちご狩りの他のお楽しみは自家製ジェラードなどもあるようです。料金や営業時間・定休日などを確認したい場合は、お電話にてご確認いただいた方が良いと思います。駐車場もありますので気になる方は合わせてご確認下さい。

田人観光いちご(田人いちごテラス
農事組合法人平石野菜生産組合
住所:福島県いわき市田人町旅人字下平石70
TEL:0246-69-2448

いわき市遠野オートキャンプ場でキャンプ泊をし、いわき市及びその近郊の観光の基地にしていただけると嬉しく思います。いわき市の観光を楽しんで、素敵な思い出をいっぱい作って下さいね。

マナーを守って、自然を学んで遊ぶ。
いわき市遠野オートキャンプ場で素敵な思い出作りを!

 

今年も寒桜咲きました。

11月も中旬ですが、いわき市遠野オートキャンプ場・場内にある寒桜が咲きました。
11月初旬から咲き始めていますが、来年1月の終わり頃まで咲いているのではと思います。前回は11月初旬から2月頭まで咲いていましたので、今からの寒々とした冬景色の中にほっこりとかわいいうすピンクの花で和ませてくれそうです。

草刈りが終わったら、ツタを取ってあげたいと思います。
今年は雨が多く草刈りが行き届かない場所がありました。本格的な冬になる前に草刈りを終えたいと思っています。

紅葉をバックに桜が咲いているので、なんか不思議ですね。
毎年思うのですが、晩秋から冬にかけて桜が咲くのは、やっぱり不思議な感じですね。曇り空で見ると綿が引っかかってるようにも見えます。

花びらは大きくなく、一斉に咲いているわけでもないのですが、きれいです。
一斉に咲くことはありませんが、少しづつ時期をずらして咲いているようです。

青空に桜の花、一瞬春の景色と勘違いしそうです。
写真で見ると春先の咲き始めた桜の景色ですが、これから風がどんどん冷たくなっていきます。冷たい風にも耐えて花を咲かせてくれるので元気をもらえるような気持になりますね。

今年も残すところ1ヵ月ちょっとですね。年末に近づくにつれ、忘年会やクリスマス・年越しとあわただしくなりそうです。当キャンプ場でも、残すイベントも少なくなってきました。12月1日からは、来年3月に予定している「初めてのキャンプ講座」の申込受付が開始されます。

「初めてのキャンプ講座」の主な内容
対象は、まだキャンプをしたことのない未経験者から数回キャンプをしたけれどもっとキャンプのことを知りたい方までとしています。
最初に、キャンプをするに当たり、キャンプ場のルールを守ることやマナーの大切さをご説明いたします。
テントやタープの設営と撤収方法、焚火台の使い方、BBQの楽しみ方、ランタンの種類と選び方などを予定しております。
キャンプを日頃から楽しむことで、突然の災害にも対応することもできるようになれたらと思います。

 

マナーを守って、自然を学んで遊ぶ。
いわき市遠野オートキャンプ場で素敵な思い出作りを!
※当キャンプ場は有料施設となっております。オートキャンプサイト入口、キャンプサイト及び宿泊棟入口、BBQ広場駐車場には、有料をご案内する看板も設置されております。無断で入場したり勝手に使用する行為等はお止め下さい。また、ご見学等の場合は、管理棟に声をかけてご入場頂きますようお願いいたします。

「いわき大交流フェスタ2017」に出展してきました。

2017年度の「いわき大交流フェスタ2017」は10月28日(土)、午前10時00分~午後3時00分の間で、21世紀の森公園特設会場にて行われました。
今回、いわき市遠野オートキャンプ場でも出展することができました。
(昨年度は事情があって出展できませんでした。)

出展内容としては遠野の和紙をPRする活動の一環として、和紙の行灯作成体験を行いました。他のイベントとの重複もあり、スタッフは1名という厳しい状況でしたが、予定していた30人分の行灯を終了時間近くまでに終わらせることができました。体験を楽しんでいただいた来場者の方々には、貴重な意見や感想をいただき大変ありがとうございました。また、今回のイベントに関係したスタッフの方々へ、企画・準備・運営等大変ありがとうございました、そしてお疲れ様でした。

「いわき大交流フェスタ2017」に出展してきました。
出展ブースはこんな感じのレイアウトでした。白熱灯を光源としたサンプルの行灯(ランプシェード)は割と好評で、販売はしないの?雰囲気が素敵など好評を頂きました。和紙ならではの味わいある、そして素朴な形の行灯ですが、心が和みます。いわき市遠野オートキャンプ場管理棟に飾ってあるので、ご見学お待ちしております。

楮の裸木を再利用した行灯の骨組みを作ります。楮にミニ電動ドライバで穴を空けます。
左側の写真はサンプルで組み上げた行灯の骨組みの完成品です。右側写真は、穴を空ける位置を確認しながら、ミニ電ドラを使用して楮の裸木に穴をあけて頂いている様子です。

竹ひごを利用し、楮の裸木を組み立てます。和紙を貼って行灯の感性です。
穴を空けたら、予め同じ長さに切っておいた竹ひごを差し込み行灯の骨組みを組み立てていきます。この時竹ひごを固定するためにボンドは使いません。和紙を貼って行灯の骨組みを固定します。和紙を貼り終えたら中にLED照明を置いて完成です。今回体験の行灯ですが、光源はLED照明(100均で売っているもの)を使用しています。

12月23日(土)は東京国際フォーラムにて、ふくしま大交流フェスタ参加予定となっています。紙漉きと今回作成して頂いた行灯作り体験を予定しております。東京への出張体験となりますが、頑張りたいと思います。

和紙行灯作り体験で和紙のお話をさせて頂いたり、歴史的なことも少しお話させていただきながら体験をしていただきました。また、第13回スターウォッチングのご案内もさせていただきましたので、是非、スターウォッチングのイベントに参加して頂いたり、キャンプをしながらきれいに澄んだ空に輝く星を楽しんでいただければと思います。

11月18日(土)、ランプシェード作り午前10時00分~、第13回スターウォッチング午後5時30分受付開始・オリエンテーション開始は6時00分~となっています。まだまだ予約を受け付けていますので、お早目にお申込み下さい。

 

マナーを守って、自然を学んで遊ぶ。
いわき市遠野オートキャンプ場で素敵な思い出作りを!

 

星空の写真、撮ってみました。

ようやく新しいカメラを購入できたので、キャンプ場の仕事が終わった後、星空の写真を撮ってみました。
初めてチャレンジした星空の写真ですので、細かいご指摘はご勘弁下さい。
今後はもっと腕を磨いて、奇麗な写真やタイムラプスなどにも挑戦したいと思います。暖かい目で見て下さいね。

キャンプ場の西側の山に一番星が輝いた時の写真です。この後は薄いガスがかかってきて、また晴れるまでに時間がかかりました。
キャンプ場の西側の山に一番星が輝きました。
詳しい操作は説明書を読んでいないので、とりあえずオートで撮ってみました。星座や星の名前も憶えないとダメですね。今後はスマホのアプリなど使って勉強していこうと思います。

午後は時30分頃、西の空の一番明るい星です。
ピントを合わせるのに、ISO感度を高くし、何枚も撮影しました。デジカメならではで、撮ったその場で確認できるので便利ですね。ようやくピントが合ってきれいな星が撮れた時には、ちょっと興奮しました。

午後8時30分頃、北の空のカシオペア座です。
90度傾いていますが、カシオペア座がきれいに捕れました。斜視の左側の黒いものが樹です。もう少しノイズを抑えて、細かい星々を鮮明に撮りたいと感じました。まあ、焦らず星空の写真をいっぱい撮って練習したいと思います。

階段下駐車場から管理棟を見上げています。方角的には北の空となります。
管理棟の様子も入れると、星空のきれいさも際立つような気がします。星空写真といっても建物や山、ちょっとした風景の向こうに星が輝いていると、夜空の広がりがうまく表現できるのではと思います。これから秋冬になって、空気が澄んでくるので、練習ができるので楽しみです。長時間露光して同心円を描いたような写真にもチャレンジしてみたいと思います。また、いわき市遠野オートキャンプ場だけでなく、いろいろなところで夜空を撮ってみようと思います。

今回はここまでとして、第13回スターウォッチングを11月18日(土)に予定しております。
今回は特別な企画として双眼鏡をお持ちいただくようお願いをしております。お持ちでない方は、当キャンプ場売店で3,000円で販売しております。買うまではちょっとという方には、数は少ないので先着となりますが、貸し出しも行いますので、ご予約の際にご希望をお伝えください。お持ちの双眼鏡を使って手軽に簡単に星空観望のコツを伝授いたします。また、双眼望遠鏡もご用意いたしますので、見比べてみるのも良い機会だと思います。
11月中旬の気候となりますので、防寒対策をよろしくお願いいたします。
詳しくはこちら⇒第13回スターウォッチング開催!!

いわき市遠野オートキャンプ場にて、スターウォッチング等のイベント以外で星空観望や撮影をされる場合は、こちらのページの注意事項をご参照ください。
→ 「いわき市遠野オートキャンプ場内で、撮影された星空のご紹介」の中の【いわき市遠野オートキャンプ場よりお願い】

マナーを守って、自然を学んで遊ぶ。
いわき市遠野オートキャンプ場で素敵な思い出作りを!

 

キャンピングカー大商談会 2017秋。

10月14日(土)・15日(日)は、福島県郡山市日和田のイオン郡山フェスタ店の特設駐車場にて、キャンピングカー大商談会が、入場無料・駐車無料で行われました。天気があまり良くなかったものの、来場されるかたも結構多く、本格的にキャンピングカーを検討している方が多いのかなと感じられました。他のキャンピングカーのイベントと重なってしまったようで、展示車両も前回の春と比較すると少なかったようでしたが、それでも駐車場いっぱいに、キャンピングカーが並ぶと見応えいっぱいでした。
今回も会場の様子を掻い摘んでご報告いたします。

今回は、ハイエースと軽が多かったです。
軽のキャンピングカーで天井にベットが現れると、なんだか楽しくなりますね。
軽自動車ですが、中は結構広いですよ、あなどれません。

トラックに載せるキャンピングカー?
今回初めて見ましたが、今はやりの軽トラックの荷台に載せるキャンピングカーもありました。本当に荷台に載ってましたが、写真の中央よりやや左側(テントの足と重なって写っていますが)に鋼鉄製の脚があります。この鋼鉄製の脚を4か所に取り付けて、トラックを移動することによって、簡単に取り外しできるようです。
もちろんトラックの運転席側から部屋には入れません。正確にはキャンピングカーではなく、貨物を荷台に載せているトラックとのことらしいです。ネットを検索すると木製で作り込んだものなど、写真も多く出てきます。気になる方は検索してみて下さいね。

キャンピングカー用のパーツもいっぱい出てます。
キャンピングカーにあったらいいな的なパーツがぎっしりトラックに積み込まれてきて、展示されていました。
車内でご飯が炊ける定番の「たけるくん」やポータブル冷蔵庫などもありました。値段も高いわけではないので、見ながら買うにはちょうどいいですね。店員さんにいろいろアドバイスいただけるのもポイントが高いです。

幌馬車の様なイメージの軽キャンピングカーです。内装も木調で、落ち着きますね。
自分で車をキャンピングカーにする際には、すごく参考になりそうです。軽トラックがベースになっていますが、運転席からの行き来もできるようになっていました。内装も木調で落ち着いていて、とても印象的でした。でも、ここまでDIYするなら、買ってしまった方が良いかも。

体験試乗もありました。
レポートも最後になりますが、セグウェイ?の体験試乗もやっていました。ちょこっとだけ乗らせていただきましたが、体重移動だけでなんで動けるのか不思議ですが、小さいお子さん達の方が適応能力がはやくコーナーを巧みに走っていて、とても楽しそうでした。
ちょっとオジサンには勇気がいりますね。

いわき市遠野オートキャンプ場では、キャンピングカーでお泊り頂くこともできますが、トレーラーハウスや大きめのキャンピングカーでお越しの際には、事前に駐車・宿泊可能かどうか、必ずご相談くださいますようお願いします。
特に近年のキャンピングカーやトレーラーハウスは多種多様で大きさもいろいろかと思います。折角お越しいただいても駐車できなくてはと思いますので、事前にご相談くださいますようよろしくお願いいたします。

さて、今回のキャンピングカー大商談会でしたが、後で関係者の方に聞いたところによりますと、結構な数がご契約されているとのことでした。
実際のキャンピングカーを見る機会もなかなかないのですが、来年の春頃にまた開催するようなお話もあるようです。是非、購入をご検討されているのであれば、見て聞いてお話してみて下さいね。

つたないレポートでしたが、以上、オジサンがお伝えしました。

マナーを守って、自然を学んで遊ぶ。
いわき市遠野オートキャンプ場で素敵な思い出作りを!