版画作品展示いたしました。

いわき市遠野オートキャンプ場にて、ご自分で和紙を漉き、漉いた和紙で作成した版画をいただきました。
和紙を漉いて版画を作成された方は、ドイツ在住の齋藤雅美さんです。記事最後に齋藤さんのプロフィールとホームページアドレスを記載してありますので、齋藤さんの素敵な作品をこちらからもご覧ください。
頂いた版画は、管理棟内に展示いたしましたので、多くの皆さんに観て頂ければと思います。

3つの作品で1セットとして飾ってみました。
管理棟内に飾った遠野の和紙を使用した版画作品。
今回は自分で漉いた紙で版画を刷りたいとのことで、和紙漉きをされました。できた和紙を持って帰っていただいた後、作成された素敵な版画を3枚もいただき大変うれしく思っております。版画の下には和紙を使用した行灯も展示しております。

【遠野和紙といわき市遠野オートキャンプ場】
福島県いわき市遠野地区に伝わる伝統工芸の一つに和紙作りがあります。地元産楮100%を使用し、自然の素材であるトロロアオイのねりを使って、寒漉き(寒い時期に漉く)される紙は、遠野和紙と呼ばれています。
遠野和紙は一般に市販されておらず、地元学校関係の卒業証書及びいわき市の証書として利用されているのが現状です。また磐城手業の会を中心として福島高専とのコラボ商品が開発をされているのみとなっています。
いわき市遠野オートキャンプ場では、年間を通して紙漉き体験ができるようにするため、化学糊(ねり)を使用しています。遠野和紙とはなりませんが、体験を通して伝統技能に関心を持っていただくこと等を目的として、紙漉き体験を行っております。いわき市遠野オートキャンプ場では、遠野和紙の広報活動に協力させていただくため、和紙漉き体験の出張も行えるようにしております。

じっくりご覧頂くためには是非ご来場ください。
ご来場の際には、受付にて「版画を見に来ました」とお伝えください。
自分で漉いた和紙を使用した版画作品。自分で漉いた和紙を使用した版画作品。自分で漉いた和紙を使用した版画作品。
風合いのある和紙に版画独特の技法で色付けされ、齋藤さんの感性がそのまま表現されているように思います。
タイトルは「Net Across The River (series 1)」「Net Across The River (series 2)」。飾る場所が本当にキャンプ場でいいのかと思うほど素敵な作品です。版画を送っていただいた際に一緒に入っていた手紙に、微妙な凹凸が版画の表情をかえ、それもおもしろいと書かれていました。綺麗につるつるした紙でなく、素朴な風合いに版画をのせることも楽しいとおっしゃっているように聞こえました。

和紙の活用方法として、版画用紙も一つの方法です。いわき市遠野オートキャンプ場ではミニ行灯作り体験やシルクスクリーンなど、和紙の活用方法を模索しているところですが、今回頂いた版画は貴重なものと考えています。既に地元中学校の生徒さんには里山体験として楮の幹と和紙を使った工作をしていただいています。また体験カレンダー内の講座でも和紙を使った体験を今後も増やしていきたいと思っております。
ある理由にて、遠野産楮の紙料が手に入りにくくなることが想定されているため、秋から春にかけての大きなイベントや、学校関連の体験を優先していきたいと考えております。大切な紙料を無駄にならないよう活用し、今後も頑張って体験や作品を通して遠野和紙のPRに努めたいと思っております。

【版画制作者プロフィール】
齋藤雅美さん。
いわき市出身、ドイツ在住。2012年 武蔵野美術大学修士課程版画専攻修了。
ホームページ:https://masamiarte.wordpress.com/

 

桜の開花状況。

いわき市遠野オートキャンプ場では桜が満開になっています。17日夜の雨で少し花びらが散ってしまいましたが、まだ見頃です。その他の近くの桜の開花状況もお知らせいたします。(写真はいずれも4月17日撮影のものです。)

入遠野にある円福寺さんの境内の様子です。
円福寺さんの境内の桜の様子。
見事に桜が満開となっておりました。

往生山の様子です。
往生山の様子。
昨年の往生山はあまりきれいに桜が咲かず残念だったのですが、今年はとうなるか?
麓や中腹の桜は咲き始めているので、もう少ししたら満開になっているかもしれません。またご報告していきたいと思います。

いわき市遠野オートキャンプ場の場内の様子です。
いわき市遠野オートキャンプ場内の桜の様子。
管理棟前から階段、BBQ広場とその駐車場まわりとすでに満開となっております。オートキャンプサイト内の桜や、レンタル倉庫の前のハナズオウが赤紫の花を咲かせており、こちらもとてもきれいです。キャンプサイトから見る斜面に植樹した山桜はまだ咲いていません。その上の寒桜は、11月~1月頃咲いていたのですが、また白い花を咲かせています。

4月17日の桜の咲いている様子を動画にしてみたので、ご覧ください。

ゴールデンウィーク前には散ってしまうと思いますが、桜の後は新緑の中でのキャンプを楽しんでいただければと思います。ゴールデンウィークが過ぎると夏休みが目の前に迫ってきます。5月から8月のご予約開始となりますので、計画を早めにたててご予約下さい。

マナーを守って、自然を学んで遊ぶ。
いわき市遠野オートキャンプ場で素敵な思い出作りを!

 

桜咲き始めました。

昨日4月6日は、いわき市内の小中学校において入学式が行われました。
もう少し早ければいわき市の遠野地区も桜の花びら舞う入学式となったかもしれません。と、思いながら写真を撮っていると、場内の桜の蕾もぷっくりとふくれた状態から、ちらほら咲き始めていました。
ようやく、桜の花が咲き始めたので、スギ花粉は間もなく終了かなとほっとしています。

新設の禁止看板そばの桜は蕾でいっぱいです。
BBQ広場と新設の禁止看板。
いわき市遠野オートキャンプ場では4月1日より利用規則が更改されております。詳しくはホームページをご覧いただくかお問合せ下さい。またご来場いただいた際にもご案内できますので、よろしくお願いいたします。
禁止事項の大まかな内容は、「ペット同伴禁止、音の出るもの禁止、直火&花火が禁止、刺青のある方は当施設をご利用できません」等となっています。

近づいてみると本当に今にも咲きそうな桜の花びらが観察できます。
桜の蕾も多い中、ぷっくりと膨れて今にも咲きそうです。
きれいなピンク色の花びらが見え隠れする蕾が枝いっぱいについています。蕾と花の間くらいの状態です。よく見ると地面も枯葉色から若草色に変わってきているところも多くなってきていました。

ついに咲いている桜の花を発見!!
本日咲きたての桜を発見!!
川沿いやBBQ広場でついに咲いている花を発見、写真を撮っている間にも、雲の切れ目から除いた陽を浴びてか、少しずつ咲き始めていました。ざっくり30輪前後は咲き始めたように見えます。明日や週明けにはもっと咲き始めていると思います。見頃は中旬頃と想定されますが、去年よりも咲き始めが遅いので、ゴールデンウィーク中も咲いていてくれたいいなと思っております。

いわき市遠野オートキャンプ場も桜の花が咲き、本格的な春が来ているように思います。
往生山の桜の開花状況なども、今後お伝えしていきたいと思いますのでお楽しみにお待ちください。

4月22日(土)は第11回スターウォッチングを予定していますが、夜桜も観れる星空観望になるかもしれないので、今から大変楽しみです。4月21日の夕方5時まで予約受付を受け付けておりますので、お早目にお申込み下さい。
詳しくはこちら→第11回スターウォッチング

 

もう少しすると春ですね。

3月下旬、風が強い日も多いですが、景色も日差しも春になりつつあります。
いわき市遠野オートキャンプ場から、場内の状況をお知らせいたします。

3月下旬、いわき市遠野オートキャンプ場の管理棟前。
管理棟前から案内板、さらには山を望む風景ですが、案内板の足元には水仙の花が咲き始め、三椏の花もまた小さいきれいな花を咲かせ始めています。

桜の蕾も膨らみ始めました。蕾はまだ小さいですが、冷たい風の中、頑張っています。
昨年は桜の花が咲くころが少し早かったのですが、今年は4月上旬頃に咲き始めて、4月末には葉桜に変わるのではないかと思います。5月に入ってからは2年前に植樹した山桜が咲いてくれればと思います。いずれにしても、桜が咲き始めましたら、またご案内いたしますのでお楽しみにお待ちください。

場内の水仙も大きくなってきました。三椏も花を咲かせ始めています。
場内の所々に自生している水仙も大きな蕾になっているものもあり、ここ数日で咲き始めそうです。三椏は白い蕾がいっぱいついていて、花のように見えますが、ようやく黄色い花を咲かせ始め、白色から黄色に移り変わろうとしています。冬の枯れた景色に少しづつ彩が加えられ、陽の温かさも少しづつ感じられ、ようやく春が来ようとしています。
今後風の強い日が多くなりますが、一足早くキャンプを楽しむのもお勧めです。先日ご宿泊されたお客様からの一言、「星がとてもきれいでした。」とのこと。まだ空気が澄んでいるこの季節だからこそ、この時期にしか出会えない自然の中でのキャンプを楽しむことができますね。

マナーを守って、自然を学んで遊ぶ。
いわき市遠野オートキャンプ場で素敵な思い出作りを!

ペレットストーブが新しくなりました。

いわき市遠野オートキャンプ場のペレットストーブが新しくなりました。
まだまだ寒い日がありますが、優しい暖かさが管理棟内を温めてくれています。

ペレットストーブが新しくなりました。
以前のペレットストーブよりも操作性が良くなったような気がします。タイマーでONもできて、少し便利になりました。

見た目にも暖かい炎と、温風でポカポカ。色合いは重厚感あるマットブラック、煙突も艶消し黒。
暖炉と言えば、艶消しブラック。とてもきれいで、炎が一層際立つシンプルなデザインです。以前のよりも温度の高い温風が出てきます。これから少しずづ春の陽気になっていくのでしょうが、梅雨時寒い日があれば焚いてみたいと思います。

炎が揺らいでとてもきれいです。いわき産ペレットを使ってます。
燃料のペレットは、福島県いわき市遠野町で生産されているものを使用しています。

キャンプ場らしい暖房器具で、皆様のお越しをお待ちしております。寒い日であれば、ペレットストーブを焚きますので温まってみて下さい。

※ペレットストーブは、いわき市遠野オートキャンプ場の管理棟内と体験小屋に設置されています。